ポケモン

撮影写真より

鳥取のサンド公園にあるサンドの遊具。立体的によく見る機会がなかったためこの時初めて気づいたが、普通のサンドとアローラサンドでは顔の大きさが違う。アローラの方が小さいため頭に段差がある。体の筋も、普通のサンドが横のラインが長いのに対し、アロ…

SV・その71

忘れていた最強エンペルトレイド。今回もいつものハラバリー君…ではなくエルレイドがいいのだと。エンペルトの特性「かちき」は、能力を下げられると一気に特攻が上がるため、ハラバリー君の得意技「アシッドボム」を連打なんてしていると即死級のダメージに…

SV・その70

公式にて、早くもモモワロウの存在が公表された。先に登場したはずのカミツオロチすらまだ公表されていないにも関わらず。同時に、モモにまつわる昔話も公開。どこか遠くの地でおじいさん・おばあさんと住んでいたモモ。毒入り餅=”くさりもち”で2人を支配し…

SV・その69

最強バシャーモレイド。有効になるのはまたまたハラバリー君。しかし若干型が違うため、ストックしておいた別個体をチューニングして投入。相手のステータスを下げまくった結果、一発クリア。今までの最強レイドで最も簡単なのではと思うくらい。歴代御三家…

SV・その68

遂に親友(ダチ)ご一行がキタカミ上陸。すぐに久しぶりのスグリ登場。恰好はチャンピオン時代のまま。チャンピオンと知るや否や即戦ろうとするネモはキタカミでもらしさ全開といったところ。 劇中、イベントシーン以外でも基本的に3人とスグリはいなくならず…

SV・その67

番外編配信開始。…だがアップデートではなく、配信されたのは「まぼろしモモン」なる重要アイテム1点のみ。これを所持することで解禁フラグが成立、つまり番外編のデータ自体は前回の円盤のアップデータに既に含まれていたということ。何故かかなり遅い時間…

SV・その66

明日からDLC番外編。但し解禁には条件があり、『本編エンディング後に遊べるイベントをクリアする+DLCの前編・後編ともにクリア』。後者はどうってことないが、前者はネタバレ直結の内容なのではっきりは教えてくれず、イベントが何を指すのかは不明。大方…

SV・その65

ここでも新ポケの勉強。例によってパラドックスは除く。 ブリジュラス(鋼・ドラゴン) ジュラルドンに新アイテム「ふくごうきんぞく」を使って進化するのは、吊り橋をそのままポケモンにしたというキてるデザイン。但し分類は”合金ポケモン”であり、図鑑の説…

SV・その64

図鑑が200種を超えたのでサザレのイベントをこなす。200種の捕獲には結構な数の御三家が必要になるが、別に御三家はそこまで興味はないし、図鑑のためだけにドーム部に3000BP×4なんて馬鹿馬鹿しくて払いたくないので、ひたすらマジカル交換で狙った。 サザレ…

SV・その63

ブルレクのミッションの感想。いずれの行動もドーム内のみが対象であり、パルデア・キタカミで行ってもノーカウント。 ポケモンを1匹捕まえよう タイプが指定される時とされない時がある。どちらも四天王チャレンジのドーム限定勝負の対象種同様、一般の野生…

SV・その62

クリア後要素に触っていく。 おやつおやじ どこかに実在のモデルでもいそうな濃い顔の男。 ブルレクのクリア回数に応じて、歴代伝説・準伝説に会える「おやつ」をくれる。同時に、その伝説に関する自身のエピソードも語り、そこに遭遇場所のヒントも含まれて…

SV・その61

藍の円盤後半は、エリアゼロにワープしてその更に深く【ゼロの大空洞】を探る。パルデアなのでもうダブルバトルはないが、パーティは引き続きダブル全振り。 常時この3人と同行するが、各ポイントごとに立ち尽くすか勝手に移動するため、最初にここに来た時…

SV・その60

一通りドーム内を見回ったので、一気に残りの四天王を片付ける。 先ずは主人公のブルベリーグ参戦反対派だった、コイルばりに頭にネジが刺さったネリネ。こちらに好意を持っていないのもあり、まるで機械仕掛けなのかというくらいグルーシャ以上に冷酷。 こ…

SV・その59

ゼイユと再会するも、いきなり喧嘩を売られる。キタカミと違い、ここでもダブルバトル。しかも半減実やテラスタルと妙に本気モード。 戦闘後、四天王のカキツバタに見初められ、他の四天王の反対を差し置き、最終的に【リーグ部・スグリ部長】の判断のもと、…

SV・その58

円盤開始当初のパーティ。特に事前情報は調べず、適当に準伝説級や配布種&万一のための用心棒をピックアップ。碧の仮面に於いて、レベル100をぶつけるとあっさり終わって面白くなかったため、今回はレベルを75程度に下げて投入したものの、トレーナーの手持…

SV・その57

DLC後編・藍の円盤が配信開始。公式ページの紹介を見る限り、明らかに前編よりもボリュームが多い。バランスが偏りすぎてないかとも思えてくるくらい。 アップデート後初めて起動すると、前編同様やはり電話が入る。今回の相手は校長で、校長室に直接来いと…

SV・その56

別ゲーム(DQ10オフライン)で手一杯であるため、図鑑完成以降あまり手をつけていない。たまに最強レイドで捕まえる程度。何とか年内に間に合ったDLC後編配信まで10日ほどだが、特に準備もせず。 その中で唯一ちょっと着手していたのが、イーブイ大量発生イベ…

地図より

東京駅近くにある初代ポケモンセンター跡。入口のアーチの跡がはっきり残る。 ここから浜松町に移転したのが'07年、このストリートビューの撮影が'09年。壁にお知らせのような貼り紙があり、当時のビューは低解像度につきよくは読めないが移転のお知らせのよ…

撮影写真より

三重交通の小型電気バス。この分野では定番のBYD・J6は、図らずも三重交通では初の外車。社番・希望ナンバーともに9001で、三重交通で9000番台は、いすゞ・日野・ふそう以外のメーカーの車両にとりあえず割り当てられている番号であり、故に超少数派。 車両…

SV・その55

とりあえず図鑑を完成させた。パルデア図鑑のように、もう片方のソフトがなければ人脈でもない限り極めて困難…というわけでもなく、オンラインのレイドにさえ入れるのであればそこまで難しくない。当初は捕獲でボックスの枠が埋まるのが鬱陶しいので、マジカ…

SV・その54

今回もまた新ポケモンの勉強。 【カミッチュ】(草・ドラゴン) アップリュー・タルップルに続くカジッチュ第3の姿はりんご飴。上に突き出ているのが”そとッチュ”、後ろに出ているのが”なかッチュ”。この2体が自分で生成した蜜をまとったりんごの中で共存して…

SV・その53

ようやくサブイベントを全て片付けられた。このうちともっこ募金を除き、オーガポンを仲間にする前、キタカミに来て全く話を進めていない段階でも受注可能。 愛のともっこ募金 ともっこ復活により破壊されたともっこ像を再建させるため、公民館管理人が100万…

撮影写真より

今年の4月上旬、香川県のヤドン公園…のオープン直前の様子。園内の桜は咲いていたが、オープンは4月下旬だったため、桜との共演は間に合わず。当時はまだ立入禁止で、園内の遊具は全てゴミ袋が被せられ、更には園外にあるヤドンが描かれた看板までゴミ袋が被…

SV・その52

”お面”を手に入れたことで、姉弟の祖父が重い口を開き、逸話の真実は看板とは真逆であり、”鬼”は敵ではなく被害者であることを知らされる。慰霊碑まで建てられた「ともっこ」のトリオは、やはりというか見た目通り悪役だった。ひとまず残りの看板撮影を済ま…

SV・その51

いよいよ配信のDLC前編『碧の仮面』。SV本編発売から10か月での配信は、剣盾DLCの発売7か月後に比べるとだいぶ延びたが、DLC公表からここまでずっとレイドで上手い具合に食い繋げ、WCS開催も盛り上げに一役買った。容量は2.9GBで、SV本編の6.3GBの半分に相当…

SV・その50

最強ミュウツーレイド。DLC配信前のVer1では最後のイベントでもあるためだいぶ前から告知され、オリジナルのロゴやグッズにキャンペーン、チラシまで作り、相当プロモーションに注力していた。 9月1日というのは、DLC配信直前の朔日というきりのよさもあるが…

撮影写真より

横浜で盛り上がったWCS。それ以前には、今回と同じく夏のみなとみらい地区で”ピカチュウ大量発生チュウ”なるイベントを毎年行っていた。WCSでは非常に多くの種類のポケモンがピックアップされたが、本イベントはWCSと一見似ているがほぼピカチュウオンリーで…

撮影写真より

姫路~小豆島福田港間の小豆島フェリーで使われる、この春から登場したヤドン仕様のフェリー。ヤドンは香川で観光キャンペーンを展開しており、その一環。外見は比較的シンプルだが、内部はとてつもないほどヤドンだらけであり、ガラルのヤドン・ヤドラン・…

SV・その49

ゴリランダーのレイド。前回のマフォクシーはだいぶ運に左右されたため、捕まえられたらそれ以降手を出さなかったが、今回は慣れるとソロで簡単。いつものカイナでもいけるのだが、努力値配分やテラスタイプを変える必要があり、そのために捕まえ直すのは面…

SV・その48

コレクレーのコレクレイド。しばらく開催しており、先週で終了したが、その後もオフラインで個人的に続行。☆3~☆5の難易度で登場するが、うち☆5に限り色違いが出るということで、ささやかながら狙ってみた結果。しかしレイドでの色違いは各種アシストが通用…