バス

撮影写真より

東京バスグループ・京都観光バスのエアロエース。貸切カラーだが高速バスとして使用しているため、車載タイプの券売機を搭載。 屋根にあるのは、東京バスグループオリジナルパーツであるフロントスポイラー。エアロエースは元々サブエンジンタイプのエアコン…

撮影写真より

都営バスの最終便の例。ここはセオリー通りLEDに赤い枠が点く。普段はほぼ見えないが、外周の枠だけオレンジの他に緑と赤のLED粒が交互に装着されている。でも方向幕の時代は全体が赤・緑に灯っていたので、それに比べるとやはりちょっと弱い。

撮影写真より

LEDの行き先表示で、最終便の1つ前を示す緑の枠。これは関東バスだが、1つ前が緑・最終便が赤なのはほぼ全国どこでも共通。方向幕時代はバックに仕込んだ電球が光った。側面は、行き先の両サイドにある四角いエリアが緑・赤になる。フルカラー対応前のオレン…

比較

旧大阪市営バスと都営バスのブルーリボン。大阪市営の方はリアのナンバー位置が都営=標準仕様と比べて若干内寄り。中古車市場に流出した際も、この中途半端なナンバー位置はそのままなので、実は真後ろだけでもどこから来たか見分けがつく。ナンバー位置が…

撮影写真より

岩手県交通恒例のボロボロバス。特に古い銀カラーのLRは、カラーリング的にも凹みなどのボディの劣化が目立つ。錆びて穴でも空いたのかつぎはぎの跡が痛い。盛岡エリアは中古車を続々投入しており自社発注の錆びたバスはどんどん消えつつあるが、他の地区で…

撮影写真より

東北の高速バスによく付いている「ペースカー」(東日本急行)。東北各県の警察独自の取り組みで、ようは安全運転車という意味。東北なら高速バスの殆どに加え、トラックや一部路線バスにも書かれているペースカー。単に書いてあるだけで、本当にどの車もそこ…

撮影写真より

旧高知県交通一宮高知営業所。いちのみやではなくいっく。高知県交通最大の営業所だったが、撮影した10年前当時の高知のバスは古い車ばかりで、ここも既に古い車ばかりだった。 土佐電鉄との統合でとさでん交通が成立後、バス営業所も旧土佐電の桟橋営業所に…

撮影写真より

米子市のコミュニティバス「だんだんバス」。だんだんとは段々ではなく、ありがとうという方言で、鳥取島根では何かの名前としてよく使われる言葉。市街地を毎日30分間隔で運行する循環バス。 車体裾には「ふるさと納税ありがとうございます。皆さまの想いを…

バス停

名鉄バスにそこそこ存在する企業名入りバス停の一つ、小牧の「CKD前」。かな表記はしーけーでぃーまえ、英字表記はCKD-MAEとあまりにそのまま。バス停の目の前に、CKDの本社工場がある。20~30分間隔で運行する春日井~小牧の路線が通る他、平日限定の通勤路…

撮影写真より

臨港バス→羽後交通のLT。車体は臨港バス伝統の富士重工ではあるが、やはりこれもサイドミラーが臨港バス最大の識別点。以前も同じような臨港中古を取り上げたが、それと同様に運転席側アンダーミラーが下側に付いている。こんな付け方をするのは臨港バスだけ…

撮影写真より

最近廃車になった京都バスのブルーリボンワンステップ。同時期に導入されたUD共々、「スロープ無し」仕様のため、中扉は普通の2枚折戸で、折り畳みのシートも無く全席固定。車いすを乗せることについては全然考慮されていない、単に1段になっただけで中身は…

撮影写真より

かなり無理矢理広告枠を取り付けた日本交通のHR。HRの後部はエンジンリッドが大きく、その割にナンバーもほぼ中央にあるため、広告枠が付けにくい。大多数は広告が無く、付ける場合でも横長のタイプや、枠が関係しないラッピングタイプが多い。一部、ナンバ…

撮影写真より

鳥取駅バスターミナルにあった案内看板。昔のものなので裏返しにされているが、気になったので写真を撮って反転。 現れた方面は、岩倉・中河原・福部・左近・定期観光・中央病院・十六本松・砂丘・岩井・北園団地。このうち福部・左近は08年に廃止になってお…

撮影写真より

京阪バスの高速バス(H-1245)。古い車なのか、放送装置が旧型のままだった。この時は京都~徳島に使用。一般路線や、直Qなどの短距離高速では機械が喋るちょっと片言のアナウンスに変更されているため、旧型は今となっては貴重だし懐かしい、というかまだ残っ…

撮影写真より

京都市バスの「よるバス」の方向幕。河原町・祇園方面発京都駅行きの急行バスで、夜8時から10時頃まで運行する、深夜バスほどじゃないが他路線の便数が減る時間帯をカバーする路線。勿論深夜料金は取られない。臨時路線とセット運用になっている便もあるため…

撮影写真より

日本交通・日ノ丸バスの現在のスタンダードであるレインボーKR290。車両の標準仕様化が進んだ結果、もはや両社とも殆ど同じ仕様になった。カラー以外で違うのは、日本交通は窓の色が薄い、日ノ丸は運転席側のコーナーミラーと日野のエンブレム・前ベビーカー…

鳥取~米子間の変化

先日米子側からバスで通ったこの区間、12年前も同じように鳥取側からバスで乗り継いだ。この12年での変化や現在の状況を調べてみた。ただ過去の路線について記したサイトがないので、日本交通・日ノ丸バス公式ページをInternet Archiveを使って過去のページ…

撮影写真より

間もなく代替される名古屋市のRM。テールランプの名古屋市独自仕様配置はRMでは名古屋市のみの仕様、更に名古屋市自体がRMを導入したのが1回限りだったので、レアさが増す。ナンバーがセンター配置なのもレア。シートの背もたれも丸い名古屋市独自仕様。 近…

撮影写真より

阪急バスの西工ノンステップは、このようにフロントバンパーの運転席側の隅が一部削られていた。車台の車種によって切り欠きの広さが異なり、いすゞやUDは控えめだったが、ふそうは特に大きかった。バンパーの切り欠きに合わせて車体の裾もやはり削られてい…

撮影写真より

上から見たCNGバス。ボンベが入ったカバーから管が屋根の端を伝い、エンジンルームの真上から室内を貫通しエンジンルームまでつながっている。ふそうのみ綺麗に隠されていたが、他のメーカーはどれも屋根に管が貼りついていた。一般の車はトランク、トラック…

撮影写真より

日立電鉄交通サービスのナンバー588、古いミディ。行き先表示が何故か下側に付いていて、しかもでかい。角形テールライトもこの世代では比較的レア。 元は島根・隠岐の西ノ島町というところの町営バス。廃車になってからわざわざ本土まで運んで売り払い、こ…

撮影写真より

東急の「電車とバスの博物館(電バス)」で展示されている昔のバス・日野RB10のエンジン周り。床が透明になっていて、どこにどんな配置になっているのかが分かる。運転席と連動しており、一部は今でも可動する。鉄道ではまあよくある展示だが、バスだとそもそ…

撮影写真より

神戸市バスのポンチョを後ろから。前もドアの窓部分をわざわざラッピングでカラーリングを再現している凝りようだが、後ろも標準と異なり、中々気づきにくい部分だがリアガラス下の黒いカラーが標準よりも狭い。通常はエンジンリッドのすぐ上にある、円弧の…

撮影写真より

ラウンドワンのシャトルバス(和歌山店)。都市部のラウンドワンは繁華街に多いが、地方だと国道沿いに多いため、車でないと行きにくいアクセスの悪さの対策で、10年ほど前から全国の地方店舗で始まった。 大抵は最寄りの駅と店舗の直行で、一部複数の駅を経由…

撮影写真より

大阪市営→和歌山バスにまとまって移籍したブルーリボン・KC-HU2MLCA。大多数は最初からラッピングされており、中でもこれは後扉の窓周りだけ緑色で変に浮いているが、これは恐らく大阪時代の緑色。塗装を変えずに使っていることになる。 たまにあるが、中古…

撮影写真より

阪神バスの高速バス・サラダエクスプレス。しかしこの時は貸切運用で、平安神宮に来ていた時。側面の種別はきっちり乗合から貸切に上書きされている。阪神バスには阪急電車を彷彿とさせるマルーン色の貸切専用車が存在するが、まかないきれないので高速バス…

バス停

ここはちゃんと写真を撮っていた。兵庫県猪名川町の要所・紫合。こう書いて"ゆうだ"と読む。知らないとまず読めない超難読地名だが、ちゃんと変換は一発で出来る。 紫合北ノ町交差点を中心に乗り場が複数あるため、標柱に番号が書いてある。交差点からかなり…

地図より

名鉄バス尾張下原バス停。昨日の尾張中島と違い、こちらはれっきとした元国鉄バス→元JR東海バスのバス停。一般路線バスから全て撤退した09年に、瀬戸エリア以外では高蔵寺の1路線と共にポツンと残っていた春日井駅~大池住宅前の路線を引き継いだ。 これと共…

地図より

一宮にある名鉄バス尾張中島バス停。一宮駅方面の標柱は珍しいタイプの電照式で、ここだけターミナル的雰囲気。 旧国名が付くバス停は、国鉄バス→JRバスが通っていた痕跡なのが一般的だが、ここの場合は事情が異なり、かつてここにあった名鉄の路面電車・起…

撮影写真より

ミヤコーバスのナンバー1966(KC-MK619J)。非常に分かりやすい名古屋市交通局の中古。カラー以外は殆どそのままで、前方向幕も系統幕を黒いシールで塞いだだけ。なので他の幕車と前幕のサイズが違うわけだが、それでもわざわざこのサイズで作っている。ミヤコ…