問題

f:id:KV234L1:20210624003641p:plain
理系キューブ"エッジワース・カイパーベルトの中を公転する太陽系外縁天体"
何を言っているのかさっぱり分からない。エッジワース・カイパーベルトとは、太陽系の惑星のうち海王星の後ろにある、大量の小惑星からなる帯。エッジワースとカイパーはどちらも提唱者の名前。太陽系外縁天体とは、それらを総称し海王星の後ろ=太陽系の縁にあり太陽の周りをまわっている天体。元惑星の冥王星はこれに格下げされた。これの答えのクワオアーはその一つ。他にもマケマケハウメア・エリス・セドナなど、名前が付いた外縁天体は多い。マケマケハウメア・エリスは、冥王星共々準惑星に指定。

地図より


和歌山バス「住金海南正門前」バス停。この名前は今日までで、明日から地名を取って「船尾西」に改名される。住友金属はだいぶ前に新日鉄と合併、更に現在は日本製鉄となったが、バス停はずっと住金のままだった。ここは国道42号線からマリーナシティへの路線の途中にあり、そのためここを通る路線に乗るのはどちらかというと観光客であり、あまり似つかわしくない、いかにも工場最寄りという名前は相応しくないとされたか。マリーナシティ経由の和歌山駅/和歌山市駅海南駅の路線は行きと引き返す際の計2回通るため、乗り通すと嫌でも耳に付く。
この改名により、和歌山バスの企業名入りバス停は「ノーリツ鋼機前」のみになる。

問題

f:id:KV234L1:20210622010212p:plain
芸能〇×"俳優・横浜流星の出身地はその名の通り、横浜市である"
本当に横浜市出身。その筋では有名だが、大体は真実を知ると驚く、雑学的問題。但し横浜は生まれただけで、育ったのは埼玉で、越谷と春日部の間にある松伏町
横浜という苗字そのものは神奈川とは全然関係なく、青森県横浜町(陸奥横浜)が発祥。なので北東北に多い。

問題

f:id:KV234L1:20210621010637p:plain
"桜餅の材料に使われる道明寺粉の名前の由来となったお寺道明寺がある大阪府の寺は?"
ライフスタイルなのか社会なのかはっきりしない四択。道明寺という名前自体は近鉄の駅にあり、そこから道明寺線という支線があるため、大体の位置が分かる人も少なくないが、羽曳野か藤井寺かが微妙なところ。寺も駅も実際の位置は藤井寺だが、もう少し下がると羽曳野になる、確かに微妙な位置。
道明寺の桜餅は関西風であり、一方で関東風はやはり寺の名を冠して長命寺という。長命寺は東京墨田区向島にあり、この門前町で作られたことに由来。これらもやはり出題される。

19~26回目

F1位 / SSS…6 / N〇…1

またQメダルのミッションが追加されていた。8回やれという項目があるので、最低1回ずつやる必要がある協力とトーナメント以外は自動車検定でやり過ごす。2ウィークミッションの方は、検定テーマフリーのマンスリーミッションと異なり、引き続き毎回検定テーマが指定されるので、まともに解ける検定が少ない自分にとっては年に1回クリア出来るかどうか。
検定をしばらくやってみたが、配点が少ない問題がかなり多いため、4500点前後がやっと。特にセレクト系は正解率関係なくその傾向があり、検定なのに病人を運ぶ自動車は何か、みたいな下らない四択をやらされるとげんなりする。ギリギリで3500点というセットも珍しくない。
マンスリーミッションのトーナメント優勝の項目は、フェアリー組なので大したことなさそうだが、セレクトラッシュにつき油断すると事故が起こるため、念には念を入れて深夜帯にプレー。狙い通り誰もいなかったのであっさり勝てたものの、やっぱりうっかりミスがあった。又優勝すると、組昇格リスクが一気に高まるため、もう一度誰もいない時間帯に入って落とさなくてはいけない。

地図より



八幡市京田辺市の境にある謎の施設。地図には配水施設と書いてあるだけで、詳細は不明。地図の上から見ると、一瞬何かの慰霊塔に見え、横から見ると洋風の城のようにも見えるが、高台にあるので細かくは見えない。この手の施設は大体無機質だが、たまにこんな変わった外観の例が存在する。

近江鉄道かがやきの丘線(南草津駅→かがやきの丘)


かがやきの丘中央。両方向とも帝産バスの標柱しかない。



公式サイトの路線図には「かがやきの丘線」と記されているが、一方で時刻表検索になると「南草津飛島線」の支線扱いとなり、路線名がはっきりしない。
南草津駅立命館大学の路線は、東寄りの"かがやき通り経由=南草津立命線"と、西寄りの"パナソニック経由=南草津飛島線"の2種類。かがやきの丘は、文字通りかがやき通りのすぐ横にあり、新幹線と名神に挟まれた住宅地。しかしかがやきの丘行きは、パナソニック経由と同じ西側を経由。パナ関連のバス停は全く停車せず、1号線バイパスを過ぎた小野山バス停からノンストップでかがやきの丘に向かう。
平日や往復で運行されていた頃もあったようだが、現在は土曜の夕方に片道1便だけで、復路は回送でさっさと南草津駅に戻る。尤も、南草津~かがやきの丘は帝産バスが1時間に1便はあり、そもそもかがやき通りまで出れば近江・帝産ともうんと多くなるのであまり困らない(但し、場所によっては若干距離がある)。尚、公式路線図には「かがやきの丘大通り」というバス停も載っているが、停車は帝産バスのみで当路線は通過。

時刻・停留所
土曜に片道1便運行。停留所は以下が全て。赤字は近江鉄道では当路線のみが経由する免許維持区間
南草津駅 野路 南田山 玉川小前 小野山 かがやきの丘中央 かがやきの丘
17:20   17:21   17:22   17:23   17:24   17:27   17:33