撮影写真より


マロウドインターナショナルホテル成田」の送迎バス。ホテルは成田空港の北端近くにあるため、空港・成田駅双方から送迎バスを運行。ホテルは東都自動車の系列なので、バスも東都観光バスと同じカラー。貸切バスからの転用車もあり、それらは当然東都観光バスからの中古だが、路線バスベースは観光バスの方にいないので、臨港バスからの中古を調達。東都観光がいすゞ富士重工を長らく導入していたからか、こちらも車体は富士重工を選択。撮影した4年前の時点でKC-LVのツーステップは既に首都圏ではかなり古い車で、素の状態では郊外であっても千葉では全域で走れないが、わざわざDPFを付けて使っていた模様。

撮影写真より


鳥取砂丘から西に見る。ずっと砂地だったのが、一定のポイントから急に草が生えてくるようになる。砂丘そのものは、砂浜として千代川の河口の境にある堤防まで続く。遠くで目立つ白い物体は、太平洋セメントのセメント貯蔵タンク。
アップで写り込んでいるのはトンボ。そこかしこにやたらと飛んでいた。夏によく発生するらしい。

撮影写真より


日ノ丸バスのレインボーKR290。旧モデルのKR234の頃から、ノンステップは前タイヤハウス上の席が両方とも無かったので、旧モデルと殆ど変わらない仕様。数少ない違いは、前輪前の追加ウインカーと、それに伴いHINOロゴが前輪前から前扉上に移ったくらい。このウインカーは後ろからも見えるので、横を走るバイクからでも点滅が分かる。
前扉上のHINOロゴは、旧モデルの前輪前に比べて付いている車が少ない気がする。旧モデル共々、いすゞの方には側面にロゴは付かないので、横からでも識別できる数少ないポイント。

撮影写真より


松江市営バスにいたRMのCNGノンステップバス。当初はCNGを大々的にアピールするため、松江市のガス局のラッピングで堂々とタンクに天然ガス自動車と書かれていたが、のちにバスケBリーグスサノオマジックのラッピングになると文字は消されてしまい、どこにもCNG車をアピールする記載が無くなってしまった。この車両のあとにHRを改造したCNG車も入ったが、こちらもやはり車体にCNGの記述は無く、最初から一般カラーなので更に目立たない。
松江市営にはこれよりも古い車両もいるが、ボンベの耐用期限が来たので少し前に早めの廃車となった。

撮影写真より



箱根登山→沼津登山東海バス東海バスオレンジシャトルと引き継がれた、東海バス878号車。東海バス最後のキュービックであり、かつての箱根登山独自仕様であるトップドア+後ろ寄りの側面行先表示が残る貴重な存在。本家箱根登山ではツーステップ自体がとっくに消え、中古市場でも使いにくい仕様だからか滅多に採用されない。中型のツーステップはまだ若干数残っているが、元から少ない大型はごく僅か。静岡県内のキュービック自体、車体が富士重工での採用が多かったのでそもそも元からレアな存在だったりする。

撮影写真より


富士市の循環バス・ひまわりバスの旧車両。富士急静岡バスのRNを使っていた。富士市はかなり多くのコミュニティバスを運行しているが、その中でも最古参。
元々100円で、100円玉が咲いたひまわりが描かれていたり、側面方向幕には「(均一)うんちん100円」と書いてあった跡がある。文字が消された通り、のちに値上げされ、現在は1乗車210円と当初の2倍以上に値上げされた。富士急静岡バスの一般路線はここ10年みるみる縮小していくが、これも例外ではなく、便数も一日9便から7便に減らされ、元々日祝運休だったが2コースのうち片方は土曜の運行が廃止された。

ソードシールド・その25

毎日ずっとワット集め。最早プレイ時間がゲームスタート~伝説捕獲よりも長くなってしまった。
道場のおかみ・ミツバにあげるワットの最終段階は、累計328万=ミツバ万ワット。累計100万あげるとミツバと対戦出来るようになるが、そこから更に228万も積まないといけない。正直報酬自体はどうでもいいのだが、ここまでくるとクリアしたくてたまらない。


f:id:KV234L1:20200708011453j:plain
ワット稼ぎの主力は掘り出しオヤジ。殆どの場合は1回に2万ワット前後、よくて3万ちょっとだが、彼の息子であるワイルドエリアの掘り出し兄弟同様、たまに終わったと思ったらクリティカルが入り、一気に15万ワット前後が稼げる。
必要な「ヨロイこうせき」稼ぎはひたすらレイドバトル。邪魔なゼラオラレイドが終わり、ピックアップレイドでも鉱石が出るようになったので、オンラインでも人が揃いやすくなった。鉱石は殆どの場合1~3個だが、ハピナスは5個出るので、これ狙いに「ねがいのかたまり」をハニカーム島で投げまくる。
手持ちのメンツも揃ってきたので、☆4辺りまでならレベル100を使えば自力でいける。☆5は1人だと運次第で、不利なタイプばかりだったり、全然攻撃しないピッピ・ソーナンスイーブイソルロック辺りが混じると勝率が一気に下がる。
f:id:KV234L1:20200708011530j:plain
ワイルドエリアでランダムに現れるやまおとこ(+池の端にいるつりびと)。話しかけると100ワットでアイテムと交換してくれる。殆どの場合は「しんじゅ」「けいけんアメS/M」が1~3個とどうでもいいが、たまに「ねがいのかたまり」が出る。上手く出るとワットショップの30分の1という激安価格で買えるのでやって損はない。



f:id:KV234L1:20200708011557j:plain
ヨロイ島各地に落ちているアイテムは毎日内容が変わるが、場所によって一定の法則があるようで、離れ島海域では性格を変えるミントが出やすい。20種類以上の中から完全にランダムとなっているが、相変わらずBPは稼ぎにくいので、50BPが節約できるのは大きい。



f:id:KV234L1:20200708011625j:plain
マジカル交換で時々やってくる妙なポケモン。色違い、レベル100、レアアイテム所持、オール0or31という両極端な個体値、いかにも怪しい親の名前「Machamps.com」。あまりに不自然な仕様の通り、これは改造。レイドバトルで使っている人も見かけるが、セーブデータ破損やおくりものの受け取り拒否などの影響を及ぼす可能性があるので、アイテムも回収せず再度流したりして直ちに手放すこと。逃がす=削除が最も安全。親の名前のアドレスはそのままニックネームになっていることもある。
尚、Machampとはこのカイリキーの英語名だが、カイリキー以外の改造種でも普通に使われている。