撮影写真より

f:id:KV234L1:20180916084454j:plain
千葉内陸バスブルーリボンシティノンステップ。初期タイプでは貴重な長尺仕様。特殊構造が災いして殆ど中古では出回らず、最大ユーザーだった京都市バスでもいよいよ廃車が始まった。恐らくあと数年で京都市以外からはほぼいなくなるはず。京都市からも代替計画に沿うとあと4年後に全て引退するので、長くてもそのくらいまで。定員も少なく使い勝手の悪い車ではあるが、引退となるとそれなりに人を集めそうな気がする。

133~138回目

N○…3 H○…3

オンオフにて。今回のプレーでレベルが50になり賢者になった。最末期でようやく賢者に上がり、例年に比べて半年以上、早い年に比べると1年近くも遅れた。勿論10年以上のキャリアの中で最も遅い。前半の協力プレー排除体制下で大幅にやる気を無くし、2ヶ月もやらない時期や月に1回しかやらない時期もあった。そこからはどうなるか全く見当も付かなかったが、何とか最低限の条件には持って行けた。しかしクエスト達成条件のプレー回数にはやっと半分なので、まだ遠い。
エストの期限は4月末だが、ジャパンツアーのページに4月22日にメンテナンス予定と明記され、普通はそんな先のメンテナンス日なんて書きもしなければ決まってもいないはずなので、この日に新作リリースの可能性が濃厚というのが定説になった。新作リリースの詳細日程について運営は、迫っている時期になっても毎年未定とか今は言えないとはぐらかし、数日前や酷いと前日になっていきなり告知するが、実際はこのように1ヶ月以上前からとっくに決まっている。それが寧ろ普通なのだが、別に公表後に延期してもいいからさっさと言ってくれればいいものを。
どっちにしろ期限はあと1ヶ月。野良は相変わらず全然やる気が無いが、果たして埋められるのか。

問題

f:id:KV234L1:20081127194301j:plain
社会四択"日本の地方銀行北陸銀行の本店があるのは何県?" 古い問題だが今でも使える問題。
石川県と見せかけて富山県。石川県の銀行は北國銀行。北陸が付く企業などの本拠地は大抵石川だが、実際は福井・富山・新潟にも分散されているので中々分かりにくい。例えば北陸高校は福井にあり、北陸電力は富山にあり、北陸ガスは新潟にある。この辺りは「四国○○」と似ている。

問題

f:id:KV234L1:20081123193012j:plain
"世界遺産が一つもない国がある" 昔の問題を探っていたら出てきた。当然○で、しかもわざわざWikipediaに「世界遺産保有していない国の一覧」なる専用のページがある。
世界遺産を保有していない国の一覧 - Wikipedia

しかし大部分の国に世界遺産があるのは事実で、上記ページにある未登録の国+世界遺産条約未締結でそもそも登録資格の無い国は合計30程度。未登録の国でも大半は暫定リスト入りしている場所が存在し、そのうち本登録されて減っていきそうにも見えるが、暫定リストすら一つも無い国もある。未登録国の大抵は貧国や戦地だが、意外なところだとブータンモナコ世界遺産0。

撮影写真より

f:id:KV234L1:20190113115735j:plain
羽田空港のポンチョ。ANAの子会社・ANAエアポートサービスに所属し、ANAの飛行機~空港ビルの送迎ランプバスや従業員送迎もこなす。空港内外で使うため、公道用の緑ナンバーと空港用のナンバー両方を持つ。
メインは中型車だが、何故か小型のポンチョ、しかもコミュニティバスに多い1ドア仕様。空港なので狭い道があるとはあまり思えず、2ドアの中型車より明らかに使いにくそうだが…?

バス停

f:id:KV234L1:20190114114125j:plain
普通のバス停に付いているバスロケ風の箱「あしあとランプ」。東海市らんらんバスの設置例。
通常のバスロケは接近情報だが、これは逆に既に通過したことを示す。通過後10分間、あしあと表示が出てきて発車済みを知らせてくれる簡易式のバスロケ。通常のバスロケは車両の機器設置・機械式のバス停配備・システム整備とかなりコストがかかるが、これは既存のバス停に箱を取り付け、簡易且つ小さい操作盤付きGPS車載器と箱形のアンテナをバスに置くだけでいい。
名古屋の企業が開発したため、東海地方のコミュニティバスでいくつか採用されている。コミュニティバスは渋滞が無くても割と遅れがちで、10分遅れるのも珍しくない。なので時間ギリギリにバス停に来ても行ったか出たか分からないが、これならすぐ判別出来る。しかし開発元のサイトは更新が数年止まっており、今もリリースされているかどうかは不明。

撮影写真より

f:id:KV234L1:20110210115643j:plain
京都駅での西日本JRバスの教習車。ぱっと見は普通だが、広告をよく見ると福知山や園部。本来は園福線用の車両で、教習で使うためわざわざ京都市内までやって来た。
JRバスでは混み合う秋によその営業所から車両を借りてくることがあるが、この時も広告はそのままなので、京都で湖西や金沢の広告を見かけることも。ただし最近は自社広告やコーヒーなど、最初からよそから借りても違和感がない広告になっていることが多い。