交通

地図より

これは平安神宮に保存されている、京都電鉄→京都市電の車両。100年以上前の製造で、鉄道車両では数件しか存在しない重要文化財。'61年の引退直後から、長らく平安神宮の庭園で展示。 運転席からのビューなのだが、本来こんなところには入れない。公式ではな…

撮影写真より

JR旧肥前山口駅。乗り換え駅として有名だったが、地元の佐賀県江北町が町名をPRしたいということで、新幹線開業と同時に江北駅に変わった。日暮里舎人ライナーの駅と被ったが、1000km以上離れた東京の、しかも新交通の駅なので別に問題はなかったということ…

地図より

個人投稿のストリートビューの中には、ドローンで撮影したストリートビューもあり、通常では見れない景色も楽しめる。が、ドローン画像を検索では出せないため、自力で探し出すしかない。 こちらは新名神高速の淀川近辺の建設現場。3年前の画像につき、現在…

地図より

京阪宇治線と宇治川に挟まれた、伏見区桃山町の一部地域。ここは京都市内、且つ山間部でも干拓地でもないにも関わらず全くバス路線がない。木幡駅か桃山南口駅に徒歩で10分前後で行けるとはいえ、かゆいところに手は届かない。対岸の向島にはバス路線がある…

地図より

京王井の頭線の代田連絡線跡。第二次大戦末期の東京大空襲で車両が被災・不足した井の頭線への車両送り込みのため、付近を通る小田急からの連絡線を突貫工事で敷いた。当時はどちらも同じ東急の路線で、そもそもどちらも元々小田急の路線だった。 間もなく状…

地図より

名古屋市南区、名鉄本笠寺駅付近のガード下。ここをくぐる環状線は片側3車線だが、このガードの部分だけ、橋桁が邪魔をするため2車線に減る。中々の初見殺しゾーン。 この区間が出来たのは100年以上前の話であり、道路は昭和20年代頃になって造られ、当時は…

地図より

豊中市菰江付近の異様に幅が広い道。形からして川の暗渠か埋め立てた跡だろうと思い過去の地図を見たら当たり。しかし川でなくなったのはかなり昔で恐らく戦前。 菰江交差点西側の幅が広い部分の一部は公園として利用され、その前後は資材置き場。一方で菰江…

地図より

福島駅と東福島駅の位置関係。福島駅から東というよりも明らかに北にあるのに、北福島ではなく東福島駅。品川駅の南にある北品川駅に似ている。東福島駅は'78年まで瀬上駅と名乗っており、現在その名前は改名後に開業した阿武隈急行の駅名に引き継がれた。

地図より

都営大江戸線大泉学園町駅予定地。ここも土支田駅同様、新駅駅前広場予定地の看板がある。東側から続いていた道路拡幅の用地確保はここで途切れており、将来的にここが光が丘に代わる新たな終着駅であることを示唆している。 この場所には、交差点を挟んでヤ…

地図より

都営大江戸線土支田駅ロータリー予定地。光が丘から大泉学園町への延伸が計画されており、既にその延伸区間にある土支田駅は駅前の用地が確保済。但し限りなく実現の可能性は高いとはいえども、正式に延伸が決まったわけではなく、あくまで計画段階。現状こ…

地図より

ただいま営業中のバルーンさが臨時駅。隣のバルーンフェスタ会場と共に、Googleマップにはしっかり載っている。…が、Googleマップでの臨時駅は営業期間外は消えるのではなく、普通に通年で載っていたりする。但し東日本の偕楽園駅を除き、駅アイコンはJRマー…

地図より

京都駅を発車する電車のかぶりつき写真のPhoto Path。名前からして中国人が投稿したと思われる。これに加えて、同一人物による両サイドからの景色も投稿されており、東海道線のうちJR京都線の区間全線と大阪環状線まで続いている。全て各駅停車での収録。

撮影写真より

偶然見かけた京浜東北線の団体列車。何の団体かは不明、というかプライベートな貸切なら普通はどこの団体かは大っぴらには書かない。そもそも安易に貸してくれるかも疑問。臨時列車の場合は臨時という別の表示がある。

地図より

日野自動車日高配車センター。日野の新車トラックを配備するヤード。トラックは一部を除き、自動車メーカーでの製造はキャブと何も架装していない車台の骨組みだけの状態までであり、ここに写っているトラックも荷台には何もない。乗用車と違い、上から見る…

地図より

Googleマップの鉄道路線は、アップにすると数十メートル単位で路線名が入っているが、一部全く入らない路線もある。東西に直進しようとするとスイッチバック構造になっている青森駅をスルーする短絡線がそれで、正式には奥羽本線の支線という扱いだが、地図…

地図より

北朝鮮のミサイル発射地点が三石という報道でふと思い出した、岡山の三石駅。 山陽線は東海道線同様、古い幹線でかつては長大な急行特急、現在は貨物列車メイン。ここもホーム有効長が長いので測定機能で測ってみたら、三石~岡山間の古い駅はいずれも260m=…

撮影写真より

名鉄犬山駅西口。先に出来た東西連絡橋の上に駅ビルが付け足されている。駅ビルの上半分はマンション。 右にあるのがホテル・ミュースタイル犬山エクスペリエンス。ミューと付くだけあって当然ながら名鉄グループで、ミュースタイルは地域体験型ホテルという…

撮影写真より

今はもう見られない、中央線でのJR東海313系8000番台の車窓。この頃は元セントラルライナーとして、中津川行き列車の中に混じっての運用。名古屋市内では混むが、東濃地区ではガラガラ。 その後突然、ロングシートオンリーの静岡地区に移動して、全国のマニ…

地図より

Googleマップは一部の山では、登山道として緑の点線が表示される。徒歩の場合での経路検索でもちゃんと反映され、この場合だと通常の経路検索では表示されない、詳細な高低差グラフも出てくる。 一方登山道のストリートビューは一部に限られ、移動が出来ない…

地図より

距離測定を使えば、駅のホームの長さも測れる。東海道線のような古い路線は、昔の客車時代の名残からか長いホームがある駅が多い。特に静岡地区の沼津~浜松間は、ごく一部に7両8両編成の便がある以外は3~6両ばかりだが、この区間の駅の有効長は大体280m前…

地図より

国道161号線の中で、最後までセンターラインが無かった疋田トンネル。北陸線のガード下に当たる部分で、この僅かな区間だけ、何を基準にしたのか大型車1台分の幅しかない。現在も旧道のままである北小松付近よりも更に狭く、非常に交通量が多い主要国道とは…

撮影写真より

平城旧跡を突っ切る線路を通る阪神電車。この近鉄奈良線は平城旧跡を分断しているということで地下化が決定。この光景もいずれ過去のものになる…とはいうものの、完成は40年後、着工すら20年後。まるで整備新幹線の全線開通レベルに先の話。大和西大寺の高架…

地図より

地図からもはっきり見えるようになった、新名神高速の大津付近の建設現場。但しこの頃はまだ山を切り開いている頃なのか、まっすぐのラインではなく境界線が歪。同じ地図でも数年後にはちゃんと高速道路になっているだろうか。 但し県境を越えて宇治市内にな…

地図より

あまり見ない、橋の真上の交差点。しかもXの字になっているのがユニーク。 大津市の比叡辻2丁目東交差点。元々は川もなく南西北東の道だけで、この道は江若鉄道の廃線跡。のちに北西南東の道が造られ、平成になってから川が開削。この川は南側に河口がある大…

地図より

東福寺の横に、「奈良県生駒郡法隆寺村道路原標」というポイントがある。全然関係ない京都にあるため、Googleマップにありがちなミス設定かと思い込んだ。 しかし拡大すると、本当にここにある。中央の墓石のような碑がそれ。どうも人の家のようで、しかも手…

地図より

八尾市北部にあるこの道。バイパス用の用地が確保された広い道だが、中央部は塞がれ、一部は畑に。この幅がしばらく南に続く。一方の北は、第二寝屋川からまるで分岐するような形で始まっており、その直後にビルと工場が予定地を横断。 都市計画図によると、…

地図より

東海道線と静鉄電車は、入江岡~狐ヶ崎間で完全に並走。静鉄はJRと軌間は同じだが特に線路が繋がっているわけではなく、性格も東海道線は中長距離輸送・静鉄は短距離利用が多い都市鉄道と異なるため、同じく東海道線と並走する名鉄・阪急と違いライバル視は…

地図より

昨日の続き。府道大山崎大枝線の終点。旧道は車1台分の幅しかなく、これはそのバイパス的な道路ではあるが、9号線の交差点から南下し、大原野ICを少し越えた先で、唐突に洛西らしい竹林に阻まれて終わる。何故か信号もないのに2車線分もあるため、止まれ標示…

地図より

洛西ニュータウンの南、直角カーブのすぐ先で終わる道。このままだとあまりに不自然だが、写真の通り、元々ここから先に延ばす予定の道。中山石見線といい、北にある福西本通りに接続する予定で、先月に竹の里本通り~府道柚原向日線の間が開通。全線開通す…

地図より

地図に今も残る大阪市交通局表記。さすがに堂々とは残っていないが、消し忘れなのか今でも一部施設はアップにしたりすると時々出てくる。しかしもう民営化から4年以上経っているのに未だに放置されている。