交通

撮影写真より

船堀タワーホールより、都営新宿線の船堀~一之江間にあるトンネル出入り口。高架から地下に一気に変わるため、側道には高い塀がかなり長い区間で続く。トンネルも地上からしばらくはシェルターのように蓋がされており、途中の歩道橋から乗り越えての線路へ…

地図より

北総線の両サイドに挟むように存在する北千葉道路、その西の果て。新鎌ヶ谷駅付近で突如終わりを迎える。本来北千葉道路は高速道路で、千葉ニュータウンより西側は現状側道のみの提供。計画上はここから市川市国分で外環道に接続する予定で、既にルートも決…

撮影写真より

児島駅の運賃表。以前ちょっと書いた通り、西日本の駅運賃表でJR他社線は各社のコーポレートカラーになるはずが、四国については3セクなどのJRですらない他社兼ラインカラー未設定区間と同じ灰色。かつての運賃表はちゃんと水色であったにも関わらず。 瀬戸…

地図より

「コカ・コーライーストジャパン東セールスせんたー」 地図を引きにすると白いアイコンになり、拡大すると建物部分に直接明記されている地点で、白いアイコンは口コミ評価が0件の物件。時々こういった変な表記になっている他、何年も前に潰れたか移転したり…

地図より

廃線跡のように見えて廃線跡ではない地形。現軌道から分岐するように直線が延び、高さまで現軌道と同じだが、実際は線路と一体になっていた川の堤防が分岐しただけ。 ここは福塩線横尾駅のすぐ北。実際の廃線跡は北側ではなく南側であり、前身の軽便鉄道時代…

地図より

山陽線鴨方~里庄間の踏切。手前のビューでは踏切が閉まっており、近づくと開いた画像になっていたため、線路を見るとこんな青い電車がいた。岡山の山陽線といえば黄色なので、こんな青い列車は異質。 この列車は、かつてJR西日本・岡山支社が運行していた「…

地図より

姫路市別所地区のJR山陽線ひめじ別所・曽根間。線路の直前で突然広くなる道は、計画上では高架で線路を越え、国道2号線に接続(別所南線)。公園のような空間は高架用の用地で、現在ある車道は側道となる予定だったようだが、現状ではトライアルと中古車屋に阻…

地図より

国道173号・大阪と兵庫の境にある天王峠付近、2車線の道路なのにほんの十数メートルだけ4車線。拡幅計画でもあるのかと思ったが、実際はそうではなく、'17年の台風被害で、ちょうど山肌がきれいな部分が土砂崩れで通行止めになった際に応急工事で作られた、…

地図より

亀岡市の山間部、国道423号の旧街道に当たる「万寿越」の道。道自体は舗装もしていない獣道だが、Googleマップでは何故かやたらと直線。北海道の平地とかならまだ分かるが、勿論実際の道はこんな形ではなく、直線なんてほぼない。他の地図サイトでは正確な形…

地図より

新名神高速箕面とどろみIC。新名神に加え、既存の箕面グリーンロードのトンネル・従前から存在する国道423号・新名神と同時に整備された豊能池田線が交わり、それらが狭い谷間で全て形成されているため、ICの形状は複雑奇怪。上から見ると8の字が浮かび上が…

地図より

宇治橋の西側にある府道向島宇治線の迂回路。一時的に見えるが恒久的な迂回路。元々は宇治川沿いに直進して宇治橋西詰につながっていたが、西詰交差点すぐ北に奈良線の踏切があり、渋滞のネックになっていた。奈良線複線化工事もあることから、府道の西側の…

地図より

この線路の左側に写っている杭が「備前・備中国境石」だという。今はこの地域一帯が岡山市南区となっているため境界の雰囲気はほぼ無いが、ここの東側にある駅は「”備前”西市」、西側にある駅は「”備中”箕島」ときっちり分けられている。 境界石は他の場所に…

地図より

名古屋の南郊公園。道に挟まれた一定の幅の細長い公園のため、何かの跡地であろうと読んだ。正解は運河で、今も残る中川運河から分岐して、現在の国道154号線まで続いていた。運河としては中川運河に接する僅かな部分しか残っておらず、Googleマップでも南郊…

地図より

ストリートビューで見るJR奈良線複線化の推移。こちらは六地蔵駅東にある橋。 この区間は盛り土の上にあり、当然ながら単線の頃の橋は中央に1線分の幅しかない。複線化に際し、北側の盛り土を削り、高さ制限の鉄骨を解体し、干渉する電柱を移動させ、橋を架…

地図より

Googleマップでは相変わらず鉄道の貨物専用線は細線で表記されており、貨物駅はあまり大きくは書かれず、だいぶズームアップしないと出てこない(水島臨海鉄道東水島駅)。 但し他の地図サイトでは、貨物駅の表記こそ目立たないが、貨物線自体は旅客線と同様の…

地図より

愛媛県西条市の国道11号小松バイパスの西の端。…なのだが、舗装の古さから明らかにバイパスに見えず、見た目はどちらかというと旧道。 現在の小松バイパスは一部区間のみが供用されており、『=』の字のように11号線現道と並走する形であるため、現道とは接…

地図より

名鉄のトライアングル・枇杷島分岐点の中心部分の画像。その昔ここに家があったという。そもそもこんなところに入っていいのかどうかも微妙なところだが。 北側に踏切があるのでここから入れるようだが、ここの踏切は警報機も遮断器もない。というか一宮方面…

撮影写真より

塗装中の神戸市営地下鉄2000形。下半分とドア上の緑部分を紙とビニールでマスキング。毎年開催されている名谷の車両基地でのイベント時のものだが、既にこの車両自体が引退済み。 名谷のイベントも、以前は開催時は自由に入れたが、コロナ以降は他の鉄道・バ…

地図より

知立市の八橋牛田1号線という道路は、歩道もある片側1車線の道ではあるが、川の手前で突然途切れる。T字路にはなっているが、何故かガードレールで仕切られており、車では完全に行き止まり。道の様子を見る限り交差させても全く問題ないように見えるが…。計…

地図より

板橋区と和光市の境部分。川の西側は埼玉県なのだが、この変な形の空き地の部分だけ東京都が割り込んでいるため、ここに隣接する家の形も歪にならざるを得ない。この空き地だけの独自の住所「東京都板橋区三園2丁目20」を持つ。そもそも東京都と埼玉県の境は…

地図より

赤羽自然観察公園の南側にある、川のような不自然な空き地は道路用地。現状では西側以外は普通に公園として使われているため、道路用地の空き地が公園と一体化している上に敷地内に入れるという珍しい光景が見られる。ここに建設予定の道は、東京都による正…

地図より

道が急に途切れている場所(小牧市)。南側と接続する箇所にある事業所が道を塞ぐ。事業所の隣にある新築の家はちゃんと道に沿って土地が削られているため、あとはここが立ち退けば道が完成するようだが、すぐ隣に既に南北の道があり、しかもそっちの方が幅が…

撮影写真より

門司港駅の運賃表。JR九州エリア内は各ラインカラーで表記されているが、西日本エリアは、まるでその他扱いのかようにまとめて黒線というやる気のなさ。他のJR各社は、運賃表に於けるJR他社線についてはさすがにラインカラーにはなっていないが、一応各社の…

撮影写真より

東海道線醒ヶ井駅。米原の隣の駅だが、管轄が東海になるため、1駅進んだだけで広告等もがらっと異なる。新しい駅に見せかけるために、駅舎の前に衝立のごとく脚付きの壁が立っていることでも有名。隣に観光施設があったものの、閉館のち現在解体中。 内部は…

地図より

昨日を以て廃線となった妙見ケーブルとリフト。リフト自体はスキー場にあるものと同様だが、アイコンはロープウェー用が使われていた。 今のところGoogleマップにはケーブル・リフト両方とも残っており、駅の口コミにも閉業とは書かれていないが、当然ながら…

地図より

上は長浜駅近くにある旧国道8号線にある京都への看板、下は滋賀と岐阜の県境近くにある国道21号線上の京都への看板。湖北エリアの道路看板で京都が出てくるのは珍しく、殆どは最遠だと大津。8号線と161号線の重複区間である敦賀の一部や、終点がほぼ京都にな…

地図より

草津市の滋賀医大東側にあるこの道。一見ただの道だが、実際は分離帯が付いた片側2車線分の幅がある道で、草に埋もれた部分にも道路がある。照明だけは既に分離帯に設置済。 この道路自体は500mほどしかない。それだけのために4車線にするのは妙と思い、草津…

地図より

国道9号線の京都~亀岡間の山間部、桂坂のすぐ北。今昔マップで見たところ、元々この部分は川に沿って一度左側に寄ってから右に大きくカーブしていたようだが、今は改良によりゆるやか且つシンプルな右カーブ。今の地図にも載っていないこの荒れ果てた道が旧…

地図より

福島県鏡石町の国道4号線。バスターミナルに見えるが、ここはUターン専用スペース。町内の4号線にいくつか存在する。4号線が拡幅された'18~'19年頃に設置されたが、既にこの時は交差点の右折レーンを用いたUターンは合法化されており、それに比べるとターン…

撮影写真より

'14年に撮影した東北線須賀川駅。正面にあるのは樹脂製ウルトラマン像。だいぶ前の写真の割に駅自体は今とあまり変わらないが、唯一変わったのがニューデイズの看板。赤いNEWDAYSの看板が現在の緑のNewDaysに変わったのが'14年なので、当時は丁度過渡期。こ…