その他

撮影写真より

鳥取砂丘から西に見る。ずっと砂地だったのが、一定のポイントから急に草が生えてくるようになる。砂丘そのものは、砂浜として千代川の河口の境にある堤防まで続く。遠くで目立つ白い物体は、太平洋セメントのセメント貯蔵タンク。 アップで写り込んでいるの…

撮影写真より

祇園祭の孟宗山の会所。四条烏丸近くのビルに囲まれている。この横には山などを収める蔵もある。通りからは見えない位置で、隣のビルにある宝石屋からは祭り期間外でも会所や蔵が見えるが、宝石屋も普通の人はそうそう入れず。普段は通路ごと閉ざされており…

撮影写真より

警察のパジェロ。正式には災害活動車といい、災害地への派遣の他、平時では警備警戒にも使われる。災害地へ行くという用途上、どこでも走れる必要があるため、パジェロ以外の車種でも四駆ばかり。 このタイプで荷室の窓が塞がっていたり、屋根に上れたり金網…

撮影写真より

有名がっかりスポット・高知はりまや橋。すぐ近くにある、路面電車が平面交差する大きな交差点名がはりまやであり、知名度だけは高いが、橋自体は水路に架かる数メートル程度の小橋。色んな人が記念撮影していたが、幅も狭いので記念写真する人だけですぐい…

地図より

一宮市、国道155号線のすぐ南。2本の道に挟まれた、車2台分の長さしかない土地が続く場所。何かの廃線跡かと思ったが、それにしては妙に短く、これの前後にはそれらしき跡は全く無い。 こういう時は「今昔マップ」で昔の地図を見て調べるのが定石。線路では…

撮影写真より

北名古屋市東図書館。ここの地下は駐車場だが、一部のスペースを仕切り、昔の旧車を展示。ここには歴史民俗資料館が併設されており、昭和時代の製品を集めた昭和日常博物館もある。そのうち車やバイクなどは、地下の駐車場に集約して展示。一部の車に検査標…

撮影写真より

ダブルキャブの消防車の後部座席。普通のダブルキャブのトラックは後部座席が壁に張り付いているが、消防車は若干拡張され、酸素ボンベ等が置けるようになっている。使用する時は緊急事態故に、すぐに取って出られなければならないため、背もたれが極端に短…

地図より

謎の交差点名「国道のエノキ」。井手町の国道24号線、県道和束井手線の交差点。元々名前なんか無かったが、数年前に標識が設置された。榎という地名で「国道榎」なら普通だったが、"の"が入っている交差点名なんて中々ない。 当の「国道のエノキの木」は、交…

地図より

地図の左下から右上にかけて、山に何やら線がある。アップにするとそこだけ木が刈り取られており、最初はバイパスの用地かと思って少し調べたが、どう見てもこんな山肌に沿うようなルートのバイパスなんて不要。山を突っ切るにしても普通はトンネルを掘る。…

迷惑メール

たまに上げるやつ。これらは不特定多数にバラ撒かれるので、当然アカウントを持っていなくても来る。 お客様のLINEアカウントに異常ログインされたことがありました。お客様のアカウントの安全のために、ウェブページで検証してお願いします。 こちらのURLを…

撮影写真より

何でこんな写真を撮ったのかも分からない、撮ったことさえも覚えていない写真。青蓮院で撮ったようだが、行った記憶がない。前後の写真の日付が飛んでいるので、この時撮ったのはこの1枚だけ。古そうな寺院に似つかわしくない自動ドア。そもそも後付けなんて…

撮影写真より

札幌ドームを野球やライブなどで使う場合、サッカーで使う芝グラウンドは、芝の生育を兼ねて隣に野ざらし状態で置かれる。ゴールなども端にまとめて置いてある。この状態でも屋外ステージとして使うことがある模様。ドームの中へは空気で浮かして運び入れ、…

地図より

三重県紀宝町鵜殿地区。大合併前は鵜殿村という独立した自治体だった。三重県最南端、その角の僅かな部分に張り付くように存在した、当時日本一狭い村。この地図でいうところの国道42号線バイパスの南側・矢渕中学の東側がかつての村。面積2.88平方キロ、よ…

地図より

最近は地図を貼ることにすっかりハマる。普段から特に意味もなく地図をよく見てる。 旭山古墳群。京都市街と山科の間にある山中という、随分入り組んだ場所にある。7世紀頃の古墳のようで、何故こんなところに葬られたのか…? 問題はその場所で、隣にあるの…

地図より

岡崎公園のGoogleマップ。一見どうってこともないが、今なら閉まっている施設はジャンル関わらずアイコンの色が灰色固定になり、臨時休業という但し書きが入る。この近辺だと、京セラ美術館・近代美術館・動物園・細見美術館・武道センター・ハンディクラフ…

撮影写真より

こういう心が荒んだ時は動物の画像を見ると癒される…という人が多くいるようだが、うちは動物は苦手なので、動物の写真なんて殆どない。数少ない動物写真がこれ、仲間で寝転ぶ猿。 倉吉の打吹公園は、山の中に造成されているが、一部の区画がタダで入れる動…

撮影写真より

ロールスロイスの車の先端に付いている彫刻。「The spirit of Ecstasy」なる名前が付いており、一応これがロールスロイス公式マスコットという位置づけ。よくある企業マスコットと同じポジションなのだが、ロールスロイス自体の威厳と、制定から100年以上と…

撮影写真より

名古屋港・潮見町の油槽所群を、水上バスに乗った際に海から見たもの。 潮見町の端にあるワイルドフラワーガーデンと、対岸の金城ふ頭の間を定期水上バスが運航している。名古屋港を挟んだこの2つは高速道路のみで繋がっており、陸路では大幅に遠回りになる…

地図より

これも名古屋市の境。北側は豊山町で、北部市場のすぐ南にある水路が境…ではなく、その水路に沿った家々は豊山町で、その向かい側から南は名古屋市。家々の住所は「豊山町大字豊場高畑」。この水路とその南側に沿った場所だけが高畑地区で、地図で見るとやた…

地図より

上が中川区富田町大字千音寺の上川西・下川西、下が中川区戸田明正3丁目の一部。福田川流域のうち、名古屋市側があま市・蟹江町の市町域にはみ出たエリア。この2つは若干離れているが、幅がごく狭いエリアなのと、車で名古屋市内に出るには大幅な回り道をし…

地図より

昨日の続き。もしやと思って今津駐屯地を地図を拡大すると…やっぱりあった居酒屋はなの舞。大津の方もそうだが、一般人は入れないのに何故かGoogleに評価の☆が付いていたり、普通にコメントもある。自衛官が投稿したということだろうか?なお、同じ陸上自衛…

地図より

陸上自衛隊大津駐屯地。この南北にある細い道が、のちの国道161号線となる旧街道なのだが、駐屯地が出来たために途切れてしまっている。 …というのがメインではなく、目を移すべきなのは、先端にある「はなの舞 大津駐屯地店」。居酒屋・はなの舞が隊員クラ…

撮影写真より

何となくこんなものも撮っていた。祇園祭の会所での階段。庭にある蔵から、本尊として使う稚児人形などを安置する2階に所蔵品を直接持っていける仕組み。祇園祭の時期限定であり、終わるとばらして鉾や所蔵品共々片付ける。 階段のパーツに、どこに取り付け…

撮影写真より

新潟市の交通公園で展示されている、日産ディーゼル製のレスキュー車。4WDとしているため、異様に車高が高い。前輪用のデファレンシャルギアもよく見える。上の速度灯はかつて義務化されていたが、義務化が解除されて不要になったのか蓋がされている。大型ト…

撮影写真より

モーターショーより、レクサスブースにあったLCのオープンモデル(コンバーチブル)。一応後部座席もあるのはあるが、これを本当に座席と言っていいのかと躊躇うくらい、あり得ないくらい狭い。ノーマルのLCも2人乗りにしか見えないが、実際は何とか座れる程度…

撮影写真より

「バスの八百屋」移動販売車。神姫バスが沿線からバスを使って運んだ野菜を売るというプロジェクト。姫路駅の駅前整備で使われなくなった旧バスターミナルを野菜売り場に改装し、神戸など違う場所ではこの車で移動販売。神姫バスそっくりのカラーリングに、…

地図より

沼津市、バイパス予定地のど真ん中に古墳が構える、いびつな地形。この古墳は高尾山古墳といい、よりによって1800年前からあるという、日本でも屈指の古い古墳。この古墳については、Wikipediaに超長い記事がある。 この道路は戦前から計画があり、それに基…

撮影写真より

「サクラマチ クマモト」から見た熊本城。かつての交通センター・県民百貨店があった敷地をまとめて再開発し、バスターミナルと商業施設を一体化した。上層階の庭園や屋上が用意されており、隣にある熊本城も見える。 熊本城はサクラマチ開業と同時期に土日…

地図より

最近国道8号線を通って福井方面に向かった。その時通った謎の廃トンネル。何故かトンネルへの道が塞がれ、横に迂回する道が出来ている。本来は逆で、迂回する道を短絡するためにトンネルを掘り、元の迂回路は旧道としてそのままもあれば歩行者専用になったり…

撮影写真より

メガウェブの試乗コース。モーターショー期間中、メガウェブも会場の一つとなっていたため、普段のトヨタ車展示は全て片付けられ、トヨタとは関係ない未来のテクノロジー関連の展示に変更され、試乗コースは展示+自動ブレーキの実演コーナーに変わっていた…