バス停


富山・石川県境にある加越能バス脇バス停。北鉄能登バスと乗り継ぐことによって高岡〜氷見〜七尾がバスだけで移動出来ることで、何も無い海沿いの国道の集落なのだが、この世界では割と有名。軽トラの横に写っているのが北鉄能登バスの脇バス停。但し乗り継ぎダイヤが考慮されているわけではなく、又現在では高速経由だがこの3市を直接結ぶ「わくライナー」もある。
バス停標柱自体は他の加越能バスと同じ、廃ホイールを土台にしたものだが、標柱が待合室にすっぽり入ってしまっている珍しいタイプ。わざわざ待合室の中で組まれた模様。見ての通りすぐ横が海なので、風雪からよけるためだろうか。