撮影写真より


しずてつジャストライン久能山下。その名の通り、静岡市街と清水の間にある久能山のふもと。ちょうど左上に見えるのが、山中に構える久能山東照宮の入口で、ふもとから入口まで実に1100段以上の石段を登らないといけない。付近は東照宮日本平のおみやげ屋の他、いちご農家のビニールハウスが大量にある。
バス停自体は、国道150号線の旧道沿い、バス数台が停められる操車場。静岡駅方面からは石田街道線、清水駅方面から山原梅蔭寺線が乗り入れ、乗り継ぐことで静岡駅~清水駅を南側経由で移動することが可能。旧道の道幅は車1台分とかなり狭く、特に静岡駅方面は数キロもそんな状態が続くのでスリル満点。
但しダイヤはかなり少ない。石田街道線の久能山下発着便は1時間に1便はあるものの、3割程度は久能山下~久能山西端にある東大谷の区間便(東大谷~静岡駅方面は大量にあり)。山原梅蔭寺線の久能山下発着便は2ルートあるが、合計でも平日5往復・土日4往復しかない。乗り継ぎには入念な下調べが必要。