江若バス堅田葛川線51系統(堅田駅~細川)


安曇川国道367号線



堅田駅から山を登り、鯖街道こと国道367号に出る路線。以前は堅田~朽木の運行で、現在も江若バスが運行する安曇川~朽木の朽木線に乗り継ぐことが可能だった他、朽木~大津市高島市の境にある細川間は、堅田葛川線・朽木線の一部便とも乗り入れていた。06年に堅田葛川線は全便細川止まりとなり、以降も減便傾向が続き、19年に朽木線も全便朽木発着となり、細川~朽木は高島市のバスが針畑線として引き継いだ。他にも区間便として、かつてトリビアの泉でも取り上げられた、その名も途中行きの便があったことでも有名だった。
この3月で大幅に改正され、細川便は既に一日2~3便となっていたが土日1往復+冬季運休に縮小され、途中発着の区間便も廃止。細川以南のバスがほぼ無くなったことで、湖西エリアを路線バスを乗り継いで行くことは事実上不可能になった。
冬季運休・午前に1往復というダイヤは、途中~細川で並走する京都バス10系統と合わせた形となり、よりによってどちらも時刻は殆ど同じ。特に細川→途中は5分くらいしか変わらない。朝9時台の時刻は比良山系の登山客に配慮したものと思われるが、江若バス・京都バスとも即折り返しにつき帰りの便は無いため、山を越えて比良駅方面に向かうか、細川→朽木→安曇川のバス乗り継ぎをしないと帰れない。

時刻・停留所
土日祝に1往復運行・12月2週目~春分の日前日までは土日でも運休。赤字は江若バスでは当路線のみが経由する免許維持区間
堅田駅 南庄 伊香立中前 途中 坊村 細川
8:50   9:00   9:08   9:13   9:19   9:27   9:34
細川 坊村 途中 伊香立中前 南庄 堅田駅
9:39   9:43   9:52   9:57   10:02   10:08   10:22