地図より


岐阜市の県道岐阜垂井線。両サイドに同じくらいの間隔で水路が通っているため、上から見ると、今の何倍も広い拡幅用地が確保されているかのように見える。実際にこの幅で道路を作るとなると、歩道・分離帯込でも5車線分はあり、国道21号・22号のバイパスですら3車線なので、明らかにオーバースペック。尤もこの道路はその21号線の旧道であるため、拡幅されることはまずない。