バス停

f:id:KV234L1:20190114114125j:plain
普通のバス停に付いているバスロケ風の箱「あしあとランプ」。東海市らんらんバスの設置例。
通常のバスロケは接近情報だが、これは逆に既に通過したことを示す。通過後10分間、あしあと表示が出てきて発車済みを知らせてくれる簡易式のバスロケ。通常のバスロケは車両の機器設置・機械式のバス停配備・システム整備とかなりコストがかかるが、これは既存のバス停に箱を取り付け、簡易且つ小さい操作盤付きGPS車載器と箱形のアンテナをバスに置くだけでいい。
名古屋の企業が開発したため、東海地方のコミュニティバスでいくつか採用されている。コミュニティバスは渋滞が無くても割と遅れがちで、10分遅れるのも珍しくない。なので時間ギリギリにバス停に来ても行ったか出たか分からないが、これならすぐ判別出来る。しかし開発元のサイトは更新が数年止まっており、今もリリースされているかどうかは不明。