撮影写真より


一時期の京成タウンバスのデイライトは、まるで自転車のライトかのような大型。一般的には青か白のLEDテープライト風で、現在のタウンバスのデイライトもLEDテープ。初期はヘッドライトの横に据え付けるようなタイプで、途中からこのようにフロントマスクの真ん中、かなり目立つ場所に取り付け。目立つ故に、バスコレなどのミニカーでもしっかり再現されている。同じデイライトは、京成グループの中では京成トランジットバスも同時期に使用していた。