撮影写真より


名鉄バスが採用した初期のセレガ"リミテッドエディション"。限定のプレミアムな特別仕様車のように聞こえるが、セレガの場合は逆で装備を減らした廉価版。アクセントピラーの他、セレガは基本的に付いているフロントの光るオーナメントも無いので、一見ガーラのようにも見える。扉は折戸のみ、前後のメッキモールも無く、リアスポイラーも無いのでバックカメラが丸出しになり、バックスタイルはかなりかっこ悪い。名鉄バス独自仕様として、当時の短距離高速バスと同じくホイールが無塗装の鉄製になり、チープさが際立つ。もう10年以上使用しているので、既に錆びも浮き始めた。
この型はトヨタに配慮してほぼ日野で占められる豊田営業所に配備され、豊田〜名古屋に専属運行。のちに空港バスとして増備され、メッキモールとアルミホイールは装備されるようになったが、他はそのまま。